日常生活に大きな影響を与えてしまううつ病の危険性

ページトップへ

うつ病の基礎知識

うつ病の治療法

注目されている治療法

うつ病の治療として近年注目されているものがTMS治療です。TMS治療によってうつ病の症状を改善することができるのですが、大きな特徴とされているのが薬に頼ること無く治療を受けることができることです。今までは、症状が現れた患者に薬を処方する方法が一般的な治療法だったのですが、TMS治療によって、薬の副作用の心配をすることなく治療ができるようになっています。安全にうつ病の症状を改善できる薬として、注目度が高まっている治療方法です。

治療のメリット

TMS治療を利用することによって様々なメリットを受けることができるのですが、最も大きなメリットとされているのが記憶障害や人格変化など、脳に重大なダメージを与える心配が無いことです。昔とは異なり、うつ病のタイプは近年多様化しており、うつ病の薬を服用しても症状を改善することができず、むしろ吐き気や頭痛などの副作用に悩まされている患者が多く存在します。しかし、TMSは脳の機能を活性化させることを目的に治療を行なっており、物を考え、判断するために活動している左脳を磁器で刺激し、意欲を高めてうつ病の解消に効果的な治療が行われています。治療期間は一ヶ月から半年程度なのですが、新しい治療方法の為、まだ保険を適用して治療を受けることができません。ただし、一回あたりの治療費は10万円を越えることがありませんので、比較的、安値で治療を受けることが可能です。