日常生活に大きな影響を与えてしまううつ病の危険性

ページトップへ

うつ病の基礎知識

新型のうつ病

新型の症状

精神的に追い込まれてしまううつ病ですが、近年、新型のうつ病が発見されています。新型うつ病にはどのような症状があるのか把握することが大切です。新型のうつ病は、30代以下の若い人に多い症状で、限定した状況で発症します。例えば、仕事の時は鬱の症状が出るが、仕事終了後は何も感じない人や、休日が終わった時に憂鬱な気分になることが多く、仕事に関係することが多くなっています。仕事をやりたくないだけの甘えだと判断されてしまうことが多く、病気として認知してもらうことができません。また、鬱のタイプは様々で、たくさんのタイプがあります。

従来型との違い

新型のうつ病は、従来型のうつ病とは異なるいくつかの点が存在します。従来型のうつ病は、自分が悪いからと自分を攻めることが多いのですが、新型のうつ病は自分ではなく周りの環境や人間のせいにすることが一般的です。また、大きな違いとされているのが気分の浮き沈みです。一般的にうつ病は気分が優れない状態が継続しますが、新型は、浮き沈みが激しいことが特徴です。従来型の症状は、食欲が無いことや不眠状態が一般的だったのですが、新型は反対に過食、仮眠症状が出てきます。従来型が中高年層に多いのに比べ、新型は30代以下の若い年齢層の人に多いことから、若者独特のうつ症状として注目されています。正しい知識をもつことが大切なことと、周りの人が病気の知識を身につけることによって早期発見、早期改善することが出来ます。

代表的な症状である思考の障害

うつ病に特徴的な症状として妄想があります。 その代表的な妄想の内容としては3種類があります。一つ目は、自己評価が低くなり物事を悲観的にばかり考えてしまう微小妄想があります。次に二つ目として自身の経済的環境に関係なく、自分が貧困であると悲観的に考えしてまう貧困妄想があります。そして三つ目に、自分の体内に何らかの病気が存在しており予後が悪いと考えてしまう心気妄想があります。これら3種類は、うつ病の三大妄想とも呼ばれ、大半のうつ病患者の方に出現しやすい症状です。 これらは思考障害の一種であり、過去の小さな過ちを悔やんだり、仕事の失敗をすべて自分の責任であるとして自分を責め続けた結果、自殺にまで発展する場合があります。

意欲と行動の障害について

うつ病の症状は意欲や行動の障害としても出現します。 症状の一つに精神運動制止があります。これは、物事をしなければならないとわかっているのに、億劫であるという感情を極端に強く感じてしまい、できない状態になってしまう事です。意欲面の制止が軽いときには自分に鞭打って努力すれば日常的な仕事を続けることはできますが、新しいことを計画したり実行することは極めて困難となります。また、制止が強くなると、いくら努力しても仕事が手につかなくなります。 抑うつ気分や精神運動制止は朝のうちに強く、午後から夕方、夜にかけて軽くなる傾向があり、この現象は日内変動と呼ばれています。躁状態のときに早朝に覚醒して活動し始めるのとは反対に、うつ状態になると朝に目が覚めても気分が悪く寝床から離れることができなくなってしまうのも特徴です。