日常生活に大きな影響を与えてしまううつ病の危険性

ページトップへ

うつ病の基礎知識

病気の特徴を把握する

うつ病とは

いいことがあれば悪いことがあるのが人生です。多くの人が良いことがあれば嬉しくなり、気分が高揚するのですが、反対に嫌なことがあると気分が落ち込んでしまい、元気が無くなってしまうことがほとんどです。多くの人は基本的に嫌なことがあっても、嬉しい事があれば気分を切り替えることができる人が多いのですが、うつ病は、自分の好きなことをやっていても気分が晴れることなく、気分を切り替えることができません。一般的な人とは異なり、うつ病になっている人は、気分が晴れること無く日常生活に影響を与えてしまい、自分を追い込んでしまいます。

病気の特徴

うつ病は、物事に対しての関心ややる気が失われ、何もしたくないという気分が24時間継続するのが特徴的です。その結果、睡眠不足や食欲が失われるなど、日常生活に大きく影響します。うつ病は多くの人が経験をしており、世界の人口の5%ほどの人がうつ病に悩まされています。しかし、うつ病患者の多くは治療を受けていません。うつ病を精神的な病とは気づかず、身体の不調と感じてしまい、内科を受診する人がほとんどなので病気の発見をスムーズに行なうことが出来ていません。うつ病は、他の病気同様に早期発見をすることができれば改善をすることができる病気です。周りの人にうつ病ではないかと疑うことができる人がいる場合、早期治療を勧めることが大切です。病気の特徴をしっかりと把握して改善治療を受けましょう。

今後発生するうつ病について

鬱と言っても色んな種類があります。これからの時期に発生するには五月病でしょう。これは、4月に新しい学校に入学もしくは、新しい会社に入社して、5月ごろに3月までの環境とのギャップに耐えられなくなるという症状です。 学校を例にとると、私学の中学や高校に入学するとこの傾向性になりやすいです。私学であれば、生徒が理解できない校則に意味も分からずに縛られたり、勉強がとてもハードになるからです。 また、会社を例にとると、このうつ病は大学や専門学校を卒業して新卒入社するケースに起こりやすい症状です。これは、学生時代はあんなに自由で友人も沢山いたのに、社会人になると時間が拘束されるばかりでなく、周りや気の合わない同僚や気を遣わないといけない先輩上司に囲まれてストレスになるからです。 これらが要因でうつ病という症状が発生してしまいます。

症状が発症する前の対策

うつ病の症状が発生しない為の注意点といえば、事前に対策を練っておくことです。例えば、4月入学する新しい学校であれば、事前に校風等を下調べしておくことが大事です。 仮に、楽しそうな新生活がこの時点でイメージできなくても、友人と仲良くなれば楽しいことは必ずあります。なので、新しい学校で新しい友人と休み時間に話したり、一緒に食事をしている姿を思い浮かべて下さい。そして、休日にその友人たちと外で遊んでいる姿をイメージするのも良いでしょう。 こんな感じでいやなことでなく、楽しいことをイメージするという方法も一つですが、最近では精神安定剤が市販されています。これは、イライラや緊張をぼぐしたりする効果があります。是非、うつ病が発症する可能性がある前に試してみて下さい。

  • なりやすい人

    うつ病は、様々な症状が現れる病気です。うつ病になりやすい人は特徴があります。いくつかの特徴が自分に当てはまると感じた場合は、うつ病になる可能性があるので気をつけなければいけません。

    Read more

  • 新型のうつ病

    近年、新型うつ病と呼ばれている症状があり、従来型の症状とは異なった特徴があります。新型うつ病の病状を把握し、特徴をしっかりと理解することが大切です。新型うつ病の知識を増やしましょう。

    Read more

  • うつ病の治療法

    うつ病の症状を改善するために行われている治療方法として、近年注目されているものがTMS治療です。体内に与えるダメージを最小限に抑えて治療を行なうことができる為、注目されています。

    Read more

  • 職場環境の重要性

    仕事が原因で、うつ病の症状を感じてしまう人が多くいます。うつ病にならないために、自分の仕事環境を見直すことが大切です。うつ病を未然に防ぐ為に、自分自身が働きやすい職場で働きましょう。

    Read more